悠里の場合


[1] 悠里 こんなにレベルアップしちゃうなんて
1キロの途中には怖い場面もあったけど、
最高にドキドキする楽しい体験ができたし、
ベンジーさんにほめてもらえて、頑張ってよかったです!

露出をして身体が熱くなってるときって、
オナニーが気持ち良すぎちゃうんです。
これからもきっとしちゃうと思います。

冬休みに入って本格的に露出を始めた時には、
こんなにレベルアップしちゃうなんて思ってなくて、
このままならきっと露出を見られるんだろうなって、
なんとなく意識というか覚悟し始めています。

別の全裸歩行ルートは…
服から離れるドキドキ感が良かったので、
今度は公園まで全裸で往復してみたいかな。
それか途中で道を逸れるとコンビニがあるので、
そっちに近づくのもドキドキできそうです。

[2] ベンジー
1キロの途中には怖い場面もあったか。
それでもサイコーにドキドキできて良かったね。
オナニーも気持ち良すぎたか。
クセになりそうだね。
露出を始めたばかりの頃には考えられないような課題を実行していると言うことだ。
見られてしまうことも意識しているのだね。
と言うより、見られたいと思うようになっているのかな。
全裸で往復だと、外にいる時間も距離も倍になるということだね。
寄り道をしたら、もっとかな。
応援しているよ。

[3] 悠里 怖い場面でもドキドキです
怖い場面でもドキドキできるようになって、
路上での全裸オナニーも最高に気持ちよくて、
私はエッチな露出っこなんだって感じました。

最初はできなかったような課題も実行するようになって、
見られることが心配なのは今でも変わらないけど、
一度は露出してるのを見られたいと思い始めてます。

公園まで全裸で往復するのは、
途中で心細くなったりすると思うけど、
全裸でたくさん歩き回れるのが楽しみです。
夜遅くてもコンビニには人が来るので、
今度こそ見られちゃうかもしれません…
でも頑張って近づいてみようと思ってます。

[4] ベンジー
怖い場面でもドキドキか。
悠里も成長したものだ。
全裸で往復も楽しみにしているのだね。
見られてもみたいと思ってしまったか。
コンビニに近づけては確実に人はいるわけで、そういうスリルも楽しみたいのだね。
どこまで近づけるかな。
興味は尽きないけど、ムリはしないでね。


[5] 悠里 全裸でお店に入るって
心配してくださってありがとうございます。
公園までの全裸往復、がんばってきました!

いつもよりもう少し遅くなるのを待って、
全裸で家を出てすぐに違いを感じました。
自分が歩いただけ服から離れるというのを、
どうしても意識してドキドキしてしまいます。
自販機に行ったときよりも緊張していて、
これで大丈夫なのかと心配になるくらいです。

それも少しずつ楽しさに変わってきて、
身体を隠さずに歩くようになりました。
今までより人の気配を感じなかったので、
明るい道でも構わず歩いて公園につきました。

公園に入ると少し緊張が緩みました。
中を歩き回ってトンネルで少し休憩して、
今度はコンビニに向かうことになります。

コンビニは少し大きめの道路沿いにあって、
その道路は深夜でも車が走っています。
なので、なるべく裏の路地を歩いて行って、
どこまでコンビニに近づけるかチャレンジです。

路地を歩いている時に何回か車の音が聞こえて、
そのたびに身体を縮こまらせて立ち止まって、
音が離れたらまた歩いていきました。

コンビニの裏側から駐車場が見えてきて、
1台も車が見えないのでもう少し近づきました。
コンビニの周りはやっぱり明るくなっているので、
これ以上近づくにはさすがに勇気が必要でした。

予想外に誰にも会わずここまで来てしまったので、
深呼吸して思い切って歩いて行くことにしました。
コンビニの前の歩道を歩いて通り過ぎながら見ると、
正面の駐車場には2台の車が停まっていて、
店内には若い男の人が本を立ち読みしているのと、
カップルが買い物している姿が見えました。

店内に入れば見てもらえるけどそんな勇気はないし、
男の人に恥ずかしい姿を見られることは考えていたけど、
女の人に見られるのを考えると余計に恥ずかしくなりました。
気づかれるまで待つこともできなくてその場を離れました。

歩いている途中にエッチなDVD屋さんがありました。
お店の中にはハダカの女の子のポスターが見えたので、
「ハダカで入っても嫌がられないかな?」なんて思いました。

それから路地に入って家へ向かいました。
全裸でまだたくさん歩くことになるけれど、
極端なドキドキや緊張はなく楽しく歩いて帰りました。

全裸で初めて他の人の姿を見かけたり、
コンビニやエッチなお店の近くまで行ったりして、
想像してることをすぐ近くに感じる体験になりました。
もう一歩踏み出すのに勇気が必要そうだけど、
全裸でお店に入るって、きっと凄い体験になりますよね?

[6] ベンジー
全裸で往復、実行して来たのだね。
成長著しいじゃないか。
時間を遅くしたこともあって、人に会わずに行けたのはラッキーだった。
服から離れていく感覚はドキドキだっただろうが、それよりも冒険してみたいと言う思いの方が強かったのだね。
公園に着いてトンネルで遊んだ後は、いよいよコンビニへ向かったか。
人通りもある道へ向かうのは、スリルが有ったことだろう。
コンビニに入ることはできなくても、中にいる人がみえるところまで近づいたか。
最初だから、コンビニが見えるところまでが限界かと思っていたのだが、悠里はもっと進んでいたのだね。
そのままお店に入ることも、かなり意識してしまったようだ。
実行できるかは、また別の話だろうけどね。

[7] 悠里 覚悟していたのに
結果的には夜中にひとりで歩き回っただけだけど、
距離も時間も長く、人のいそうな場所に行ったりして、
ずっとドキドキしっぱなしの大冒険でした。
成長した姿を見せられてよかったです!

コンビニに近づいても人に会わなかったのが意外で、
今回こそ見られてしまうことを覚悟していたし、
途中で誰か見かけたら帰ってくるつもりでした。
なのでコンビニ前まで行けたのは自分でも驚きです。
あの時はドキドキして恥ずかしいのか楽しいのか、
自分でもよくわからない感じになっていました。

誰にも会わなくてラッキーなのはそうなんですけど、
覚悟してたのにちょっと残念な気持ちもありました。
あと数歩でお店という場所にまで全裸で近づいて…
見られる覚悟があれば人前に出られるはずだけど、
中に入るにはもっと勇気がいるなって感じました。

店内露出って体験談や写真を見かけるので、
自分に置き換えての想像は何回もしています。
あのときもう少し勇気を出せてたら…とも思うけど、
あの場では時間をかけてもムリだった気もします。

全裸コンビニを実行してる露出っこたちって、
初めての時にはどうやって勇気を出したんでしょう?
もしかして私にも…と思うようになって、
難しいかもしれないけどアドバイスが欲しいなって思っています。

[8] ベンジー
長時間・長距離の全裸散歩は、ドキドキの大冒険だったね。
でもまだ、全裸コンビニはハードルが高いか。
それはそうだよね。
今回、コンビニの近くまで行けただけでも大したものだ。
ハダカで外にいるのに、他人が近くにいる状況だったのだからね。
ラッキーばかりではないし。
コンビニの中に入るのはムリでも、お店の外を通り過ぎるのならどうかな。
場所にもよるけど、道の反対側なら、できるかもね。

[9] 悠里 コンビニの前で
実は今回通り過ぎたのがコンビニの前の歩道だったので、
人を近く感じたし気づかれてもおかしくなかったと思います。
全裸の私のすぐ目の前に人がいる感じがすごく印象的で、
その場では「私にはまだムリ」って感じだったけど、
帰ってきてからずっとその時のことが気になっています。

今までは懺悔を読んでも「すごいな」って思うだけだったのが、
私もあと数メートルというところまで近づいたんだって思うと、
もう少し勇気を出せたら私にもできるんじゃないかって…

コンビニの前で気づかれるまで待つことも考えたけど、
それなら思い切って店内に入ってしまいたいですし、
あとはどうにかして勇気を出せるといいんですけど…

[10] ベンジー
私が思っていたより、コンビニに近づいていたみたいだね。
後は勇気を出すだけか。
でも、それが一番難しいと言うことだろう。
コンビニの外にいて、誰かに気づいて貰えるまで待っていると言うのもアリだと思うよ。
店内に入るのと、外にいるとでは全然違うからね。
ピンポンダッシュみたいに、自動ドアを開けて逃げると言う手もあるね。

[11] 悠里 ガン見されてしまいました
あの時のドキドキが忘れられなくて、
どれくらいコンビニに近づけるか、また行ってきました。

少し早く、いつも公園に行っていた時間に家を出ました。
家を出てすぐは周りの状況に特に変わった感じはないし、
心配や緊張よりもドキドキする気持ちよさを感じていました。

家が多くなるあたりに近づくと違いがあって、
この間より人の気配を感じることが多くなりました。
それでも今まで公園までの道で人にあったことはないので、
少し気をつけながら、でも身体を隠さないで歩きました。

公園についてしまえばいつもと変わらないので、
中を歩き回ってからトンネルで少しだけ休憩して、
この間と同じようにコンビニに向かいました。

路地を歩きだしてすぐに車の音が聞こえて、
音が離れるのを待ってというのを繰り返しました。
それで少し緊張していると、急に後ろから照らされました。
エンジン音は聞こえないので電気自動車だったみたい…

慌てても隠れられる場所はなくて、
その場でくるくる回ることしかできません。
暗くなって横を見たら、ゆっくり通り過ぎるところで、
運転してる人にガン見されてしまいました。

その間はずっと心臓バクバクで、
死ぬほど恥ずかしくて動けなくなっていました。
その車が戻ってくるかもしれないと思うと、
たまらず公園まで走って戻りました。

公園のトンネルに隠れると身体が熱くなっていて、
ああ、見られちゃった、私のハダカ…
つぶやきながら、びしょ濡れのアソコを触りました。

もう十分に露出したけど、家までの全裸歩行は残っています。
見られた時の恥ずかしさや緊張を思い出しながら歩くのは、
とにかく刺激的で今までよりもドキドキしちゃいました。

見られた時の緊張やドキドキって、体験すると違いますね。
自分から見られに行ける子たちはすごいなって感じました。

[12] ベンジー
コンビニに近づいた興奮が忘れられなくて、またやってしまったか。
かなり慣れて来たところもあるみたいだね。
今回は特に、他人に見られてしまったか。
逃げ出して公園のトンネルに隠れている時は、マジで怖かったことだろう。
全裸で隠れているしかないのだからね。
それでも、露出の興奮の方が強かったのかな。
新たな体験をしてしまって、これでまたレベルが一段上がったようだね。


[13] 悠里 少しずつ慣れて来たかも
全裸で歩き回るのにも少しずつ慣れてきて、
怖さよりも開放感や気持ちよさを感じるようになりました。
それで油断したつもりはなかったけど…
見られちゃいました。

見られるのはイヤではなかったけど、
わざわざ追いかけてくる人には目的があるわけで、
そうならないように逃げなくちゃと思いました。
公園につく頃には後ろから来ていないのがわかっていたので、
トンネルの中に隠れてしまえば少し落ち着くことができました。

その時に見られちゃった興奮を思い出して、
露出を見られるのをいいなと感じました。
見られて懲り懲りとはならなかったので、
またレベルアップできちゃったみたいです。

[14] ベンジー
怖さよりも解放感か。
それでも、ハダカを見られるのは恥ずかしいものだよね。
追かけて来る人には目的があるか。
逃げて正解だったと思うよ。
「見られるのをいいな」と思ったか。
それはそれで、確かな成長だね。

[15] 悠里 ハダカを見られてしまいました
ハダカを見られるのは想像してた以上に恥ずかしくて、
緊張やドキッとする感じも体験すると全然違ってました。
この間は突然だったから慌てて隠そうとしてしまったり、
びっくりしたドキドキですごくあせってしまったので、
もう一度見られる体験をしてみたいと思いました。

私なりに見られる覚悟をしようと思って、
思い切ってアソコの毛を剃ってみました。
姿見に映すと正面からでもワレメが丸見えで、
すごくエッチな娘のように見えます…
私の理想の露出っこの姿に近づけた気がして、
この恥ずかしいハダカを人前に晒すことを想像すると、
今までよりももっと楽しみになっているのを感じました。

深夜になるのを待って全裸で家を抜け出して、
今回は夜でも車の多い広い道に向かいました。
この道に出たらすぐに見られてしまいます。
この間見られたときのことを思い出して、
少し深呼吸してから思い切って道に出ました。

歩いてたら前の方から来たトラックが停まって運転手さんに、
「おっぱい見せて!」って言われて思い切ってそっちを向いたら、
「えっ!パイパンじゃん!」ってすごく驚いてくれました。
エッチなハダカを見られたことにドキドキしていると、
「アソコも見せて!」と言われたので足を広げて見てもらいました。
すると「ありがとう!」と手を降ってトラックは走っていきました。
恥ずかしさと緊張でドキドキした身体がとても熱くなっていて、
トラックが見えなくなるまでそこに立ったままで見送りました。

トラックが見えなくなると顔が熱くて仕方なくて、
「うわー」って気持ちで家まで帰ってきました。
暗い場所で1人に見られただけでもこうなのに、
明るい場所で大勢に見られることが気になってきています。
そうなるとやっぱりコンビニなのかな…?

[16] ベンジー
ハダカを見られることに関心が集中してしまったようだね。
それもより恥ずかしい格好・パイパンになって、か。
悠里の理想の露出っこ姿なんだね。
その格好で外に出てしまったか。
見られるために交通量の多い道路に出て、
早速、トラックの運転手に見られてしまったのだね。
車から降りて来なくて良かったね。
1体1で見られるより、コンビニの方がむしろ安全だとかもしれないよ。
お店の外から、ガラス越しにハダカを見て貰うとか。

[17] 悠里 コンビニの前の歩道まで
パイパンってかわいさとエッチさが一緒になってる感じがして、
せっかく見られるなら恥ずかしい姿がいいなと思って…
私もそんな風に見られることを期待してドキドキしてました。

運転手さんに見られた時は降りてくる感じがなかったので、
緊張しながらもドキドキを楽しむことができたと思います。
もし降りてきてたら急いで逃げて怖い体験だったかもしれませんね。

見られる体験は思った以上に刺激的で、
後から考えると危ないことだとも感じました。
でも春休みが終わる前にもう一度だけという思いがあって、
またコンビニに近づくチャレンジをしてみました。

今回は初めてコンビニに行ったときと同じ時間に家を出て、
途中で見られないように気をつけて行くことにしました。
もちろん家を出発する時から全裸になっています。
春休みの間に全裸で家を抜け出すのが普通になってきたし、
アソコもパイパンにしてしまって露出を満喫してますね。

少しのことだけどやっぱり時間の違いは大きいみたいで、
家から感じる人の気配とか、車の走っている音とか、
そんなのがずいぶん少なくなっているように感じて、
早い時間に見られたのもムリはないと思いました。

パイパンになると今までよりもハダカを晒してる感じがして、
ただ歩くだけでもドキドキできて楽しく感じました。
手で触ったり明るいところでワレメを確認したり、
そんなことをしながら公園まで着きました。

やっぱり緊張するので、少しだけ気持ちを落ち着けて、
それからまた公園の外の道に出ました。

路地を歩いているとやっぱり車の音が聞こえて、
そのたびに立ち止まって、音が離れたらまた歩きました。
この間は車に見られてしまったので慎重に…

そのうちにコンビニの裏側から駐車場が見えてきて、
車が見えないのを確認しながらもう少し近づきました。
なんとか誰にも会わずここまで来ることができたので、
いよいよコンビニの前まで行くことができます。

コンビニの前の歩道を歩いて近づいていくと、
正面の駐車場に1台の車が停まっているのと、
店内に若い男の人が歩いているのが見えました。

入口の近くで見られるのは怖いので、
反対側からコンビニに近づいていくと、
駐車場の真ん中あたりで男の人が気づきました。
表情まで見えたから間違いないと思います。

その瞬間にドキッとして、一気に身体が熱くなりました。
見られちゃってる感じにドキドキしている間もなく、
男の人がスマホを取り出そうとする仕草が見えて、
慌ててコンビニから離れました。

がんばって走って、ついてこなさそうだったので、
また公園で少し休憩して帰ってきました。
見るだけにして、やっぱり写真はやめて欲しいです…

でも明るいところでハダカを見てもらえて楽しかったです。
外に立って見てもらうのでもこんなにドキドキしたのに、
コンビニの中に入ったらどうなっちゃうんでしょう…?
全裸コンビニを実行してる露出っこたちを尊敬します…

[18] ベンジー
ハダカを見られたいと思う気持ちがドンドン強くなっているのだね。
夜の全裸散歩も、日課に近くなって来たみたいだ。
公園もコンビニも、悠里のお決まりルートになってしまったね。
今回は、コンビニの駐車場にいた男性に見られてしまったか。
悠里の言う通り、写メを撮られるのは勘弁して欲しいものだ。
でも、相手が撮りたいと言う気持ちはわかるだろ。
気をつけなくちゃね。
ハダカを見て貰う楽しさは、まだまだ続きそうだね。

[19] 悠里 夜の全裸散歩はお気に入りです
夜の全裸散歩はすっかりお気に入りになりました。
さすがにコンビニに近づいたりするのは緊張するし、
ハダカを見てもらうことには心配なところもあるけど、
それも刺激的でクセになっちゃいそうです…
写真を撮りたくなる気持ちはもちろんわかるので、
露出する時は気をつけなくちゃいけませんね。

そう言いつつ、じっくり見られたい気持ちもあるので、
全裸でコンビニに入ることを想像したりしています。

[20] ベンジー
夜の全裸散歩は続けているのだね。
すっかりハマってしまったようだ。
コンビニには、まだ入れないようだが、時間の問題かもしれないね。
ハダカを見られたいなら、線路脇で通り過ぎる電車に向かってポーズを取るとか、
高速道路の陸橋の上から、下を通る車に披露するとか言う手もあるね。
近くに適当に場所があれば、だけど。